Pocochaの音楽やBGMの真相!楽曲申請の間違った使い方!

「ポコチャで音楽をかけたい!」

「最新の曲をBGMしたい!」

「ダンスのために曲を流したい!」

こんな方に、ポコチャの正しいルールから、『人気音源』や『人気になる方法まで』をご案内いたします。

ルール

大前提としては下記のルールが適用されます。

  • ポコチャに関わらず、著作権の許可を取っていない音源を配信で流すのは基本はNG
  • ポコチャについているカラオケ機能は全く問題なし
  • カラオケボックスやスナックにある『JoySound』『DAM』などの音源は即効で消される

楽曲申請

ポコチャは、JASRACと提携した楽曲申請という機能があります。

しかし、これを申請したからと言って、音楽を流せるわけではありません。

これはあくまで演奏などで使えるためだけの著作権です。

かけてる人

著作権も取らずに流している人は、

ただの違法です!

Pocochaとしても、『著作権を取っているのか取っていないのか』というのがしっかり確認しないと配信を消せないため、音源だけは調査が難しくBANされていないというのが実態です。

BGMで嫌われる?

「この子の配信は音楽がやかましいから、やめよ!」

「この子と音楽の趣味が合わないし、見るのやめよ!」

という例が多数あります。

十人十色で音楽の好き嫌いが分かれるため、もしかしたら初見さんが即座に退出してしまいます。

音源が理由で、あなたのコミュニケーション能力すら知られずに終わる

なんて場合もあってもったいないです。

使えるBGM

ネットで、

「著作権フリー BGM」

などで調べましょう。

使える音源がたくさん出てきます。

YouTubeでもたくさん出てきますが、フリー音源だとしても、

YouTubeの画面を移すことはNGで即BAN

になるのでおすすめです。

おすすめ音源

YouTuberなどで使われるようなまったり音源が人気です。

嫌われることがないような、無難な癒し系の曲が人気でおすすめです。

人気になるには

そもそもライバーは、コミュニケーションが命!

音源・ダンス・カラオケは、コミュニケーションができずに初見さんが逃げやすいので、決しておすすめできません。

また、1ダイヤ1円の交換率100%で、ボーナスも出るライバー事務所の『キャンジャム』だと、フリーライバーより稼げるようになりおすすめです。

ノルマや強制の契約縛りもないので、ぜひ概要だけでもチェックしましょう!

Pococha公式ライバー
↓募集概要はこちら↓