おすすめライブ配信アプリ比較

人気のライブ配信アプリを細かく比較してみました!

ランキング

まずはザックリ紹介を兼ねてご紹介。

1位:ポコチャ

本気でライバーをやるなら、最も人気の伸びが良いポコチャ。

『イベントが多いうえに入賞枠が多い』『ご新規さん歓迎配信機能』でファンを作りやすいなど魅力万点。

2位:ハゴ

とにかくお金を稼ぎたいならこれ!

人気の有無に関係なく、配信さえできれば必ず時給1,000円前後で保証されます。

3位:ビゴライブ

グローバルナンバーワンアプリ。

無課金だと全くギフトが投げれないので、課金ユーザーがほとんどで、ギフトがもらいやすい。

4位:ショールーム

日本のライブ配信アプリと言えばこれ!

ただし、加工のエフェクトができず、ツイキャスのような横画面対応。

5位:ラインライブ

若者向けのアプリでお馴染みですが、雑誌モデルオーディションなどが多いのも特徴。

6位:イチナナ

知名度や売り上げは業界でもトップクラスですが、その分ライバルが多く、成功しずらいのがネック。

さらにメリットを得るためには認証ライバーになる必要がありますが、『1年専属独占契約』が必要なため、仮に1ヵ月で辞めても11ヵ月は他のアプリで配信できないという契約が主流なので、要注意。

報酬体系

何と言っても大事なのはお金ですよね!

お給料の形態を比較します。

アプリ金額
ポコチャ時給+ギフト
ビゴ時給+ギフト
ハゴ時給のみ
イチナナギフトのみ
ショールームギフトのみ
ラインギフトのみ

ということで、ギフトのみの完全成果報酬は、0円もザラにありえます。

しかも、人気アプリということで、成功者が少ないのも現状。

時給

時給が出るアプリをさらに比較しちゃいます。

アプリ金額ギフト
バック
ポコ30~5,500円
(最大75時間)
あり
ビゴ1,000円~
(最大60時間)
あり
ハゴ1,000円~
(最大60時間)
なし

こうしてみると、ポコチャだけ、下限も低いし、上限もあって、一見すると良くないですよね。

しかし、

大事なのがノルマ

です。

ノルマ

時給の報酬を獲得するうちで大事なのがノルマです。

アプリノルマ
ポコなし
ビゴ最低でも
月間10,000ビーンズ
ハゴなし

ビゴライブは、

最低でも視聴者から10,000ビーンズという課金をされないと時給が出ない

ということになります。

ポコチャは、

どんなに人気が少なくても、ランク制で必ず時給がでます。

ハゴは、

期間限定と言えど、人気が出る出ないのノルマに関係なく、配信さえできれば時給1,000円なのでおすすめです。

還元率

これは、細かいデータまではないので、月間の平均在籍数200人を誇る弊社のデータです。

1位ポコチャ

2位ビゴライブ

です。

ビゴライブで10万ビーンズ稼げるなら、ポコチャのほうが総額で言ったら高くなるはず

と言ったザックリしたデータですが、弊社の多くのライバーのデータで比較の結果、間違いありません。

利用者数

ライバーとして稼ぐには、ファンをたくさん作らなくてはいけません。

そこで大事なのが、利用者数です。

アプリノルマ
ポコ業界トップクラス
ビゴ世界的には多いけど、
日本人は少ない
ハゴとても少ない

ポコチャは、

イチナナライブを超えるほどの成長で、最も注目されています。

ビゴライブは、

世界的には人気ですが、日本ではポコチャやイチナナには及ばないリスナー数。

ハゴは、

新規アプリということもあって、ほぼ皆無です。

ライバー募集と広告にお金をかけているので、今後伸びるアプリの一つとは言えるでしょう。